お知らせInformation

2015年12月18日

地域社会貢献活動

三沢支部「献血活動」開催

三沢支部

12月19日(木)当日は、前日までは師走とは思えない程暖かい日が続いており三沢市はおろか青森市や津軽地方まで積雪が観測されない異常な天候が一転、例年並みの西風が強く寒い一日となりました。

宅建協会三沢支部の役員の方々が開始1時間前の午前9時に三沢市役所に集合して当協会PR用のノベルティーを作成し、献血を呼びかけました。

天気の影響もあってか午前中は例年にもまして献血希望者の足取りがあまり思わしくありませんでしたが、天候が回復した午後からは、青森県赤十字センターの事前告知活動の成果が徐々に現れはじめ、三沢市役所ロビーには沢山の献血希望者が来庁してくれました。

当協会三沢支部も当日は支部長・副支部長をはじめ5人が実際に献血に参加して「社会貢献活動」の一環を担いました。更に今年度はFacebook等のSNSも活用して多く方に参加を呼びかけました。

当協会三沢支部が参加した翌年から献血車を3台にして善意の献血をして頂く方の待ち時間を出来るだけ短くしよう青森県赤十字センターも努力していましたが、三沢市役所の駐車スペースの一部を借りての献血活動の為、献血希望以外の来庁者も非常に多く「献血の日は駐車場がなくて困る」との意見があったため今年はまた2台の献血車でしたが、一昨年や昨年の当協会の献血PR活動の成果が表れ、待ち時間が長いにも関わらず沢山の献血希望者にきて頂き、当協会の存在を年々多くの方々に認知して頂いてきていることを感じずにはいられませんでした。特に当日直接相談等はありませんでしたが、「ここにTELすれば相談を聞いてくれるの?」と言った声があったことは当協会三沢支部の活動が一般の方々にも浸透してきたと思われます。

参加して今年で3年目になり、当協会三沢支部の会員も積極的にPR活動や実際に献血に参加してくれるなど当協会三沢支部の大きなイベントの一つに定着しました。 来年度以降もこの事業を継続していくことにより、「地域社会貢献活動」および当協会の認知度をさらに高めること、広めることができると感じました。

PAGE TOP